Welcome To Our Site...

This section is to display just about any kind of information you'd like. To remove this section simply delete any references to 'intro.php' in the Main Index Template.

30代の独身生活

Posted By on 2016年3月9日

私のお給料の使い道です。
毎月のお給料の内訳は家賃7万。食費は3万。ライフラインと携帯が3万。美容・洋服代が5万。そして交際費が7万ほどかかっています。

特に3月4月のこの時期、一番交際出費が多いのです。それはお別れの送別会・出会いの新年会です。送別会に限ってはそれほど仲良くない顔見知り程度の人に割り勘でプレゼントを買ったり、参加費を払ったり、おまけに悲しいふりをしなければならないのが苦痛なイベントですね。会社関係やその取引先、結婚して旦那の転勤についていく友人など…。
当たり前の事ですが会社関係は経費で支払ってもらえることが多いのでまだ出費は抑えられますが、プライベートだと完全な実費です。

友達同士の食事会や飲み会は、一度断ると次には誘ってもらえないかもしれないと恐怖心が煽られ、つい一つ返事で参加してしまいます。
20代のその場の付き合いや軽いノリで生活できた頃と違い、人付き合いや周りの環境が濃くなっていく30代は大変です。
しかも私は独身OLなので独身OL仲間たちとの時間が一番大切なのです。

もちろん、毎日、生活でお金に困っています。困っていない日はないと思うくらいです。
交通費を節約するのに自転車をこいだり歩いたり、食費を節約するのにお昼はおにぎりにしたり夕飯はお茶漬けだけだったり。
毎日通う会社は私服のため、ユニ○ロの洋服をいかに品のある服に見せるかコーディネートを考えたり…と色々と頭を悩ませ体を張り、苦悩しております。
貯金はあっという間に底をついています。

そんな時には言えにある要らない物を売ってしまいます。
最近では、20代のころにコレクションしていたサングラスたちを査定に出しました。

****サングラス買取****

色々買取業者はありますが、私はリンカンさんにお願いしました(^^)
リンカンの買取り方法はすごく簡単で、ネット申し込みしたのちに、品物を詰めて宅急便でリンカンまで送るのみで
あとは査定金額の連絡を待つのみなのです。

こうしてどうにか毎月乗り切っています。
転職も視野に入れながら独身生活を謳歌したいとおもいます。

車検代を借りることになってしまった。

Posted By on 2014年9月16日

社会人になって三年目の時の事なのですが、同じ会社の先輩に恋をして しまいずっと片思いを続けていました。

ところが忘年会の時に酔った事もあり、その場で告白をしたのですが、何と 見事に恋が実り念願の彼氏がようやく出来たのです。

毎日それはそれは幸せな時間だったのですが、付き合いだして半年後に彼の 誕生日が待ち構えていたので、一体どんなプレゼントをすれば喜んでくれるのかと あれこれリサーチしていました。

彼に直接聞けば良かったのですが、一緒に買い物に行った際に彼がどんな物に 反応するのか見ていたところ、ある腕時計の前でピタッと足が止まったのです。

これで決まりだなと思ったのですが、その値段は私もビックリの60万円でした。 私のお給料では難しいかもと少し迷ったのですが、大好きな彼氏のためにと思い 三年間かけて貯めた貯金をすべて下ろしてブランド物の腕時計を誕生日プレゼントに しました。

渡したときは結構彼も驚いていたのですが、すぐに気に入ったようで毎日付けて くれているのを見ると、私も頑張って買って良かったなと感じました。

ただ今まで頑張って貯めた貯金がすべて彼の誕生日プレゼントに飛んで行って しまったので、かなり高価なプレゼントだったなとちょっとだけへこみました。

そのあとに自分の車の車検があったことをすっかりと忘れていてその費用を貯めることもできないまま車検がきてしまし、結局私が借金をして支払いをすることになってしまいました。

彼にこのことは言ってはいません。私が勝手に貯金をはたいて買っただけなので・・・そこを彼に言うとか最悪なので自分で処理はしましたよ。

考えて見れば誕生日は毎年訪れるものなので、一体来年はどんなものを送るのかと 考えたらゾッとしたのを覚えています。 私の誕生日にはアクセサリーをもらったのですが、ざっと見積もっても3万円ほど だったことを考えればちょっとやりすぎだったかなと思っています。

 

新婚して一番変わったこと

Posted By on 2014年8月13日

結婚前と結婚後。

結婚前に結婚したらどんな生活になるんだろうと考えたことがあります。ぼんやりとこうなるんじゃないかな、くらいにですが。

結婚を期に仕事を退職することを決めており、引っ越しをすることになっていたので、今までとはがらっっと生活が変化するんだろうなと思っていました。

実際結婚してからは、ほとんど想像していた通りの生活をしています。

家事はもちろん毎日のようにしますし、新しくパートもはじめました。結婚してパートをはじめて、今までと全く別のジャンルの職業なので楽しいところもありますが、以前の仕事も楽しかったので少しさみしくもあります。

結婚して一番頭を使うようになったのは、お金の使い方です。

結婚してすぐは必要なものを揃えなくてはいけないので出費が激しくなるものと思い、そこまで深く考えずにお金を使っていましたが、何ヶ月か経ち、お金は貯めようとしないと貯まらないものなんだと感じました。

独身のころは(正社員で働き、実家暮らしだったこともありますが)、お金を使っても勝手に貯まっていくものと思っていました。

しかも、無くなれば借りればいいか…みたいな甘い考えもありましたしね。最近では、カードローンなどですぐに借りる事も出来ますし。

でもさすがに結婚してからはそんなわけにはいかないですよね。

そして、結婚してから家計を一つにしてその中で食費を払い、家賃を払いとやりくりしなければならなくなりました。ふと気がつき、通帳を見てみると「あれ!?全然貯まってない!!」と驚きました。ここではじめて節約を考えました。

最近は月の食費の目標金額を設定し、それに応じて1週間の食費を計算しています。一番変わったのはお金の使い方ですね!

当然、給料が今よりも上がればここまで考える必要もないので1番いいんですが、そう上手くはいかないですしね(*_*)

夏になるとたるんだ脂肪が

Posted By on 2014年6月10日

何度もダイエットをしてきて、その都度、その場しのぎの成功は納めたものの、
少し時間がたてば、また、リバウンド・・・。いくらウエストが減った、首筋が綺麗になったとか思っても、夏の悩みは尽きません。
昔から、私は、太もも、背中の肉、腕のたるみがコンプレックス中のコンプレックスです。体重はちゃんと落ちています。と、言うことは、中身は多少減ったが、外の皮がたるんでしまったか?油断したのが原因で、また、皮膚が覚えていて、そこに脂肪をためこみ始めたか?とも思います。

昔付き合っていた彼氏にどうしたの??その余った皮膚。みたいなことを言われたことがあり、とてもショックでトラウマとなり、なんてデリカシーのない人なんだと思って嫌になり別れを告げたことがあります。まぁ、そんなことをいう彼だから私が振っていなくても最終なんだかんだ言ってフラれていたような気がしないこともないですけどね・・・

自分のコンプレックスをズバッと言われてしまうと本当に突き刺さるものがありますね(>_<)これはもう手術とかで切り取るしかないのでしょうか・・・痩せても残った皮膚が醜い・・・辛すぎます((+_+))
冬の間は、大きめの洋服ですべてを網羅できました。
夏の暑さで、わざわざ大きな洋服は着たくありません。それで、夏になると困るのです。夏も近づくと、ダイエット、エステ、脱毛などが街中でも乱舞しているのはもっともなことで、私も、家にこもっているのではないのですから、外に出る時は、
公共に見苦しい姿をさらしたくはありません。
それこそ、昔風にいえば、おめだるい、と言うことです。
もちろん、夏にも、ゆったりとして涼しい洋服はあります。しかし、元が大きいのに、もっとゆったりとしたくはないですね。
かといって体の線がきっちり見えるものも困るわけです。
それで、やっぱり、少し痩せようか、と又ダイエットを始めることになります。

 

障害児との思い出から

Posted By on 2014年5月31日

小学校の時に、近所の特別支援学校との交流があり、その時障害児と関わった思い出から、高校までは特別支援学校の先生になりたいと思っていました。

小学校の時は「ペア」を作って定期的に障害児と遊ぶ機会があったのですが、接し方が分からずうまく遊ぶことができなかったり、ペアの子がすぐに体調を崩してしまってなかなか会えなかったりしたので、もっと上手に関わりたかったという未練が残ってしまいました。

そのため、障害児と長期にわたって関わる支援学校の教員を目指そうと思っていたのです。しかし、大学を選ぶにあたって、リハビリ関係の仕事を知りました。

仕事の内容が教員よりも自分に合っていると思ったので、教育学部ではなく医学部の保健学科に進学しました。

リハビリを行う分野は身体障害や精神障害など様々ですが、実習などを経て、結局障害児と関わりたいという気持ちも残っていたので、現在は発達障害領域の作業療法士として障害児のリハビリをする病院で働いています。

リハビリでは障害児と一対一で深く関わることができるので、その分悩むこともありますが、小学校の頃の自分を思い出す度に、今は自分なりに考えて障害児と関わることができていると思えるので、充実していると思います。

凄く大変な仕事ですが、やりがいもありますよ(^^)/子供たちに笑顔で「ありがとう」って言われた時は、本当にこの仕事に就いてよかったな、って感じます。

これからも色々と大変な事もあると思いますが、もっともっと障害を持っている方々の為に、少しでも役に立てばいいなと感じています。

毎月貯蓄を切り崩しての生活

Posted By on 2014年4月19日

お金に関する悩みですが、常に悩んでいます。
私は現在パートタイマーとして働いていて、育児休業中です。休暇中でもいくらか手当はいただけるのですが、2ヶ月に1度、給料の6割程度で貯金を切り崩している状態です。
休暇中でなくてもパートの時給が800円に達しないのでローンや保険、税金など支払いするとほとんど残りません。
あまりに給料が低く、何度も転職して正社員の道を探した方がいいのか悩みました。しかし今いる職場では、そのうち正社員になれるから頑張って!と言われ続け、今年で8年目です。
このまま安月給のパートのまま、会社を信じて正社員になれるように頑張った方がいいのか、もういっそのこと諦めて転職活動をした方が早いんじゃないかと、もの凄く悩みます。
夫の給料も決していいわけではなく、子供達の将来の進学や習い事など不自由なく、余裕のある暮らしがしたいのでなるべく切り詰めてはいますが、なかなか苦しい現状です。

先月・今月と結婚式が続き、お祝いや美容院代などで出費が8万円くらいいりました・・・当然生活費が足りなくて、パートでも借りれる金融会社でお金を借りてしまいました・・・翌月から返済が始まるので来月もその返済をしたら生活が大変そう・・・想像するだけで超節約生活になります((+_+))
育児休暇も本当ならば取る予定もなかったのですが、子供の面倒を見てくれる約束だった同居の義母が骨折してしまい、私も働きに行けなくなり予定が狂ってしまい、このギリギリの生活です。
もうすぐ休暇も明けて働きに出ますが、当分は切り崩した貯蓄の分を取り戻し、毎月少しづつでもお金を貯めて行けるように仕事と節約を頑張っていきたいです。

本当は子供ともっと一緒にいたいんですけどね・・・(;´・ω・)

残業ばかり。

Posted By on 2014年3月24日

現在営業の仕事をしているんですが、今の職場には不満だらけです。。。

営業といった仕事柄、仕方のないことなんでしょうが毎日残業ばかり。

定時では18時までなんですが、18時に帰れた試しなんてありません。

毎日帰れるのは21時以降。しかも残業代も出ない始末。サービス残業ってやつですね。

さすがに最近は不満も募り、いつまでもこんな会社にいれるか!って感じです。

他にいい仕事があれば、すぐにでも転職したいですね。